close

北側に生家を持つ不整形な土地において,北側,南側にそれぞれ確保すべき庭の狭間としてこの住宅は計画された.平屋という与題から眺望や採光,場の多様性を生出すべく桂離宮のごとく雁行型を採用した.先代から受け継いだ景石を双方の庭に配置することで北には生家との憩う庭を,南には和室と連なる庭園を設えた.終の棲家となるこの住宅は借景の緑と石庭に彩られ,静かにきらめく光で満たされている.