close

人が座す空間を作ることが主題であった.人が集まり座る.この極めて根源的なる行為への建築的応答は住宅内に建築化された家具を生み落すことに帰結された.それは建築と連続し一体となりながら空間の中央へと配置され,家族が常にまとわりつく場として機能する.大きなテーブルを真ん中に,居間,台所,畳室が隣接している.その図式は縄文的ですらある.家族が集うという行為が素直に立ち現れた住宅となった.