close

極めて日常的な生活が営まれるはずの住宅に,傷がつき,汚れてはヒステリックにならざるを得ない新品の緊張感は不要であり,むしろ住宅とは使い倒してナンボ,だともいえる.
新築にしてラワンベニアのササクレを内装仕上とし,ラワン合板をそのまま棚板に使い,古道具屋で家具を揃えたこの住宅は,ひとつの側面では正しい住宅のあり方であるのと同時に,住宅というよりも小学生の作った工作の中に紛れ込んだような,ストレスフリーな安堵感を我々に与えてくれる.